殺し屋と少女┃映画「LEON(レオン)」【ネタバレなし】のあらすじ解説

クライム(犯罪)

こんにちは!平成タロウです!

今回は1994年に公開されたジャン・レノの代表作「レオン」の思わず見たくなる様なあらすじを極限まで分かりやすく解説していきたいと思います!

映画のキャッチコピーは「凶悪な純愛」

「凶暴な純愛」というキャッチコピーをひっさげて公開された映画は孤独な殺し屋と12歳の女の子のストーリー。時を重ねた今も高い人気を誇る映画となっています。

タイトルの極限まで
かなり引っかかる件

だっらだらだっらだら
解説するのは見てる側も
疲れるでしょ。要点の
あらすじだけをズバっと
皆さんにお届けします!

(いい風に言って全体を
解説するのが
めんどくさいだけでは…?)

レオン作品情報

作品情報
  • 公開年 1994年
  • 監督 リュック・ベンソン
  • 映画ジャンル クライム(犯罪映画)

レオン登場人物

レオン・モンタナ(ジャン・レノ)

本作の主人公。イタリア系の超一流の殺し屋。女と子どもは殺さないポリシーを持つ。字が読めない。

マチルダ・ランドー(ナタリー・ポートマン)

本作のヒロイン。レオンと同じアパートに住む12歳。12歳とは思えない容姿や言動をしている。家族の関係は上手くいっていないが最愛の4歳の弟がいる。

その他

割愛早えーよ

レオンのあらすじ紹介
するんならこの2人
いればまじで充分なんよ
書いててびっくりした

レオン本編あらすじ

で、レオンってどんな映画なの?

はいお待たせしました。
レオンはこんな映画です。

めっちゃ強い殺し屋が

12歳の女の子を

殺し屋として育てる映画

はい面白い~
はい見たい~

どういう展開でそうなるの…?
凄いな。おもしろそ~

レオンはこんな方にオススメ
  • 犯罪映画大好き人間
  • ヒューマンドラマ大好き人間
  • スリリングな体験したいしたい人間
  • 日々の生活からの解放。刺激欲しい欲しい人間

レオンとマチルダの出会い

本作のヒロイン12歳の女の子マチルダ。そのマチルダの父親ジョセフが麻薬密売組織の商品を横領。それを見抜いた麻薬取締局の捜査官が部屋に突入し、いきなり銃撃戦。

マチルダは運よく外出しており他の家族は全員死亡。外出から戻ったマチルダはそのただならぬ雰囲気を察知し見張りに家族の一員と悟られない様たまたまアパートの隣に住んでた殺し屋レオンに助けを求める。そこから2人の生活がスタート。

…すごい展開。

っていうか隣に
殺し屋住んでる
って恐すぎん?

めっちゃ恐い。震える。

マチルダには最愛の弟が…

実はヒロインのマチルダは父親や姉からひどい虐待を受けていたんです。ただし弟(4歳)のマイケルだけはマチルダの心の支えとなる存在だったんですね。そんな弟も麻薬捜査官の手によって…

あかん、キレそう。この
捜査官にも父親にキレそう。
ってかキレてる。

まぁまぁまぁまぁ…

子どもは関係なくない?
何で罪もない子どもも
殺されなきゃならないの?
理不尽すぎるわ

はいはいはいはい
よしよしよしよし

なだめんなや
こっちは真剣やぞ
大人の会話せえよ

(今日のユミさん
あっついなぁ…)

ただ皆さん安心して下さい。殺し屋レオン実は凄く優しい男で落ち込むマチルダの為にブタさん人形で腹話術をしたりして元気づけたりするシーンがあるんです…何て優しい男なんだ…!

さぁマチルダ…おいでよ…(※あくまでイメージです)

レオン好き

………………

レオンにマチルダがお願い

レオンに助けてもらった後は弟を殺した捜査官に復讐を果たす為レオンに殺しの技術を教えて欲しいとお願いします。最初は拒否していたレオンですがその熱意に押されマチルダに殺しのノウハウを教えていくんですね。

それで殺し屋として
育っていくんやね
なーるほど

そしてその後関係を築いていった2人は思いがけない関係性に…

最後の最後にめっちゃ
意味深なの来たな。
この作品の核は

ここちゃうんか

続きは是非本編をどうぞ!

まとめ

いかがでしたか?

殺し屋と12歳の少女といった普段絶対に交わらない様な2人が作り出すストーリーは多くの観客の目を惹きつける作品です。1994年から何十年経った今でも色褪せない作品で今見ても魅了される事間違いなしです。気になった方は是非1度作品を見てみて下さい。

Amazonプライムビデオで続きを見よう!

「LEON」はAmazonプライムビデオで視聴が可能です!

誰でも30日間の無料体験期間があるので気軽に申込できます!

\詳しい申込方法はこちらの記事がオススメ/

\登録も簡単・途中で解約OK!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました